愛する家族が辛い思いをする前に対処|ペット保険の基礎を学ぼう

飼い主と犬

大切なペットのために

動物病院

健康的過ごすために

犬や猫が健康的に生活できるように、飼い主は様々なケアをする必要があります。その一つが、フィラリア予防薬の使用です。フィラリアは蚊が媒介し感染します。蚊に刺されないようにするためにフィラリア予防薬を使用するのではなく、体内にいる幼虫を駆虫するために薬を使用するのです。フィラリア予防薬は、フィラリアの幼虫が血管内に移行できる状態に成長する前に効果をあらわします。フィラリア予防薬には、様々なタイプがあり、錠剤、チュアブル、スポットオン、注射があります。どれを使用したらいいのか迷う飼い主もいるでしょう。それぞれの特徴やペットの好き嫌いも関係していて、錠剤を飲むのが苦手なペットにはチュアブルにしたり、警戒してしまうペットにはスポットオンにしたりします。これらは月に1回使用することになりますが、注射には1年に1回や半年に1回することで予防できるものがあるんです。また、スポットオンにはフィラリア予防以外にも寄生虫の駆虫ができるものがあります。フィラリア予防薬の費用は、薬の種類やペットの体重、病院によって違います。初回は必ず血液検査を行いフィラリアが体内にいるのかを確認するので、検査費用も必要です。すでにフィラリアがいた場合はフィラリア予防薬ではなく別の処置が行われます。蚊に刺されないようにすることも大事ですが、絶対刺されないとは言えません。蚊に刺されて急性症状が出てしまうペットもいるので、そうならないためにフィラリア予防薬の使用が大切なのです。