愛する家族が辛い思いをする前に対処|ペット保険の基礎を学ぼう

犬

ペットの不幸に備える

ペットと飼い主

どんな保障がほしいのか

犬や猫といったペットを本格的に飼うとなった場合、問題のひとつとなるのが費用です。ペットを飼うのには、思った以上にお金がかかります。とくに、人間のように公的な保障が受けられるわけではないペットの場合、病気や怪我の治療代が満額自己負担となるため、かなりの出費になることがあります。そうした思わぬ出費を防ぐために、ペット保険があります。これまでのペット保険は保険業法が適用されず、無認可共済でしたが、2006年4月の改正によって少額短期保険業として認められるようになりました。そのため、今のペット保険は内容や保障が充実してきていますが、その反面、どの保険を選べばいいのかが悩みどころとなります。ペット保険の保障タイプは大きく3つに分けられます。ひとつは定率保障タイプで、あらかじめ選択した保障率の分だけ給付されるもので、たとえば治療費の50%を保障、というものです。もうひとつは定額保障タイプで、これはかかった治療費に関係なく、一定額が保証されるというものです。最後は実額保障タイプで、実際にかかった治療費を全額保障するというものですが、規定の保障限度額を超える額は自己負担となります。どのタイプも一長一短がありますが、基本的に保障率が高いものは保険料も高いため、選ぶ際には、他ならぬ自分がどんな保障をもっとも望んでいるのかといった基準をしっかり考えることが肝心となります。そしてそれ以前に、自身の家計状況を把握しておくことは言うまでもありません。愛する家族が辛い思いをする前に対処しましょう。

大切なペットのために

動物病院

フィラリア予防薬は、蚊によって媒介されたフィラリアの幼虫を駆虫するのが目的です。様々なタイプの薬があるので、ペットの好き嫌いなどで選びます。費用は薬の種類や病院によって違い、また初回は検査も必要です。

まるでぬいぐるみ

ポメラニアン

ポメラニアンは近年のSNSブームにより、かわいらしい写真がアップされ人気が高まっています。好奇心が強く警戒心もあることから、小さい頃からのしつけが大切です。また、皮膚病や足の怪我を防ぐ工夫も行いましょう。

どんなやり方があるのか

ペット

ペット供養ができる業者は大きく分けて二通りあって、屋外にあるタイプで一匹ずつスペースが与えられているので好きなデザインの墓石を建てられます。屋内なら棚に骨壺を置いたり、ロッカーに入れたりするのですが、雪や雨や風にさらされないのがメリットです。